コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

災害時要援護者 さいがいじようえんごしゃ

知恵蔵miniの解説

災害時要援護者

高齢者、障害者、乳幼児、妊婦、傷病者、日本語不自由な外国人といった災害時に自力で避難することが困難な人のこと。政府は2005年に「災害時要援護者の避難支援ガイドライン」を定め、全国の自治体災害時要援護者名簿の作成や避難支援の取り組み方針を策定するよう呼びかけてきた。しかし、2011年の東日本大震災では多くの高齢者が犠牲となり、災害時要援護者名簿を作成済みの自治体も64%(12年4月時点)にとどまっていることから、政府は現行のガイドラインの見直しを決定。13年1月現在、改正に向けた検討が進められている。

(2013-1-31)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

災害時要援護者

災害時に避難することが困難で、支援を必要とする高齢者、障害者、外国人、乳幼児、妊婦ら。災害対策基本法の改正で今年4月から、市区町村には要援護者の名簿の作成が義務づけられた。必要に応じ、民生委員自主防災組織などに名簿を提供できるようになった。総務省消防庁によると、昨年4月時点で73・4%の自治体が名簿を作成し、24・3%が作成中。

(2014-09-04 朝日新聞 夕刊 大分全県 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さいがいじ‐ようえんごしゃ〔‐エウヱンゴシヤ〕【災害時要援護者】

災害時に、必要な情報を迅速かつ的確に把握し、身を守るために安全な場所へ避難するなどの行動をとるのに支援を要する人。要介護者・障害者・高齢者・外国人・乳幼児・妊婦など。災害弱者。要援護者。→災害時要援護者名簿

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

災害時要援護者
さいがいじようえんごしゃ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

災害時要援護者の関連情報