コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚範 かくはん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚範 かくはん

?-? 平安時代後期の僧。
頼昭に師事して天台密教をおさめる。のち一派をおこし,その号から智泉院流と称し,十三流のひとつにかぞえられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

覚範の関連キーワード宮城県仙台市青葉区北山坂田半五郎(初代)義経千本桜伊達輝宗佐藤忠信虎哉宗乙碁盤忠信念無し行厳慧洪

覚範の関連情報