コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世能楽堂

2件 の用語解説(観世能楽堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

観世能楽堂

東京都渋谷区にある能楽堂。1972年開館。座席数は約550席。おもに観世流観世会の公演が行われる

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

観世能楽堂

東京都にある能楽堂。1901年に現在の東京都新宿区に開場し、72年、同渋谷区に移転。能楽の最大流派「観世流」の拠点として親しまれたが、建物の老朽化による移転が決定し、2015年3月末をもって閉場した。今後は17年に完成予定の東京都・銀座の複合ビル内へ移り、新たに開場される予定となっている。

(2015-4-01)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

観世能楽堂の関連キーワード国立能楽堂セルリアンタワー能楽堂矢来能楽堂東京都渋谷区上原東京都渋谷区渋谷東京都渋谷区松濤東京都渋谷区千駄ケ谷東京都渋谷区東東京都渋谷区広尾東京都渋谷区本町

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

観世能楽堂の関連情報