コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檜舞台 ひのきぶたい

4件 の用語解説(檜舞台の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

檜舞台
ひのきぶたい

一流の劇場の略称。かつて檜 (ひのき) の板で床を張ったのは,大劇場の舞台のみだったことから起こった呼び名。そのために大芝居に出演することを「檜舞台を踏む」と呼ぶようになった。転じて,一般でも一流の場所,日の当たる場所を指して使われるようになっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひのき‐ぶたい【×檜舞台】

檜材で床を張った舞台。能舞台や大劇場の舞台。
自分の手腕を人々に見せる晴れの場所。「日本一を争う檜舞台に立つ」「国際政治の檜舞台を踏む」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

檜舞台

1946年公開の日本映画。監督:豊田四郎、脚本:八木隆一郎、撮影:立花幹也。出演:長谷川一夫山田五十鈴山根寿子、志村喬ほか。第1回毎日映画コンクール撮影賞受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

檜舞台
ひのきぶたい

ヒノキの板で床(ゆか)を張った舞台のこと。能舞台の総ヒノキ造りに影響を受け、一般的には杉を使っていたのを上等な劇場ではヒノキを使うようになり、したがって「檜舞台」といえば、大劇場または格式の高い劇場の意味になった。大芝居に出演すること、あるいは日常でも名誉の場所に出ることを「檜舞台を踏む」という。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

檜舞台の関連情報