コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檜舞台 ひのきぶたい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

檜舞台
ひのきぶたい

一流の劇場略称。かつて檜 (ひのき) の板で床を張ったのは,大劇場の舞台のみだったことから起こった呼び名。そのために大芝居に出演することを「檜舞台を踏む」と呼ぶようになった。転じて,一般でも一流の場所,日の当たる場所を指して使われるようになっている。現在の劇場では,舞踊のときに使用する所作台を除き,檜板は使われていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひのき‐ぶたい【×檜舞台】

檜材で床を張った舞台。能舞台や大劇場の舞台。
自分の手腕を人々に見せる晴れの場所。「日本一を争う檜舞台に立つ」「国際政治の檜舞台を踏む」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

檜舞台
ひのきぶたい

ヒノキの板で床(ゆか)を張った舞台のこと。能舞台の総ヒノキ造りに影響を受け、一般的には杉を使っていたのを上等な劇場ではヒノキを使うようになり、したがって「檜舞台」といえば、大劇場または格式の高い劇場の意味になった。大芝居に出演すること、あるいは日常でも名誉の場所に出ることを「檜舞台を踏む」という。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

檜舞台の関連キーワードデ・ロス・アンヘレスニューヨーク(市)船上山行宮跡コンドルセ前田 曙山滝田 樗陰残菊物語文芸首都能舞台大舞台梅蘭芳

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android