コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角上 かくじょう

美術人名辞典の解説

角上

芭蕉門の俳人。堅田本福寺十二世。名は明因、号に夕陽観・百布軒・潦游院。権大僧都法印を退隠して京都三条橋東に瞬匕亭を結んだ。のち三井寺の辺に荷庵を結ぶ。延享4年(1747)歿、73才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

角上の関連キーワードアカザエビ(藜蝦)ホッカイエビテナガエビ蝸角の争いトヤマエビ蛮触の争いキプリス三上角上ヌカエビ石火の光白居易エビ角々蝸牛

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

角上の関連情報