コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誘導質量 ユウドウシツリョウ

デジタル大辞泉の解説

ゆうどう‐しつりょう〔イウダウシツリヤウ〕【誘導質量】

仮想質量

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

誘導質量
ゆうどうしつりょう

見かけの質量」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の誘導質量の言及

【抵抗】より

…速度が時間的に増加する物体や加速流中におかれた物体では,流体との運動量のやりとりのため抵抗を生じ,見かけ上質量が増加したように見える。これを誘導質量と呼ぶ。 完全流体の一様な流れの中におかれた無限に長い板状の物体には,流れに直角方向の揚力のみ働き抵抗は作用しない(クッタ=ジューコフスキーの定理)。…

※「誘導質量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android