コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調べ物 シラベモノ

デジタル大辞泉の解説

しらべ‐もの【調べ物】

疑問や不確かなことを調べること。調査。「調べ物をする」
段物(だんもの)5

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しらべもの【調べ物】

調べること。調査。
箏曲で、歌詞を伴わない楽曲。六段の調・八段の調・雲井九段など。段物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の調べ物の言及

【シラベ(調べ)】より

…(1)能の開演直前に,〈鏡の間〉で囃子方が奏する短い楽曲。元来は楽器の調子を整える意味があったが,のちに一定の形式ができ,それに従って奏する。能管,小鼓,大鼓,太鼓(太鼓なしのときもある)の順に奏する。〈舞囃子〉や〈一調〉のときは楽屋で奏する。また,小鼓,大鼓,太鼓の2枚の革を結ぶ〈調緒(しらべお)〉(麻紐)を単にシラベと呼ぶこともある。(2)下座(げざ)音楽の用語で,時代狂言で大名屋敷や大広間の場の開幕や出入りに用いる楽曲。…

【箏曲】より

… 八橋の時代には,箏は流行歌曲の伴奏にも用いられ,また三味線や一節切(ひとよぎり)の尺八とも合奏され,若干の器楽曲も存在した。そのなかの《すががき》《りんぜつ》《きぬた》などは,箏の器楽曲としても独立するとともに,さまざまな類曲が作られ,〈段物〉(〈調べ物〉とも),〈砧物〉などとして,組歌に付随して教習されるようになった。流行歌謡の〈弄斎(ろうさい)節〉を箏曲化した〈弄斎物〉の楽曲とともに,すべて組歌の〈付物(つけもの)〉として扱われる。…

【段物】より

…日本音楽の分類名称。段構造をもつ曲目を総称するときに用いられるが,種目によって規定するところが異なる。(1)能では,仕舞,囃子などで独立して上演されることがある〈……ノ段〉と呼ばれる特定の段歌の部分を総称するときにいうことがある。(2)浄瑠璃では,独立して上演されることが多い特定の段の総称としても用いる。また,井上播磨掾以来,聴かせどころだけを抜き出した正本を,とくに〈段物集〉といい,その序跋が,一種の芸術論をなすことが多い。…

※「調べ物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

調べ物の関連キーワード嘔吐(サルトルの小説)フロベール六段の調夜を徹す東恵利奈疑問六段箏曲調べ段物調

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

調べ物の関連情報