コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

段物 だんもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

段物
だんもの

日本音楽の用語。段構成のある楽曲の分類名称。種目によって内容が異なる。 (1) 箏曲 原則としていくつかの段から構成される器楽曲をいう。別に「調物 (しらべもの) 」「段調子 (だんしらべ) 」ともいい,流儀,楽曲によっては「…段菅垣 (だんすががき) 」という曲名で呼んだこともある。教習上は,「組歌」の組織に付随したので,「付物 (つけもの) 」の一つにも含められる。段物に属する曲の各段は,52拍子 (104拍) であることを原則とするが,各曲ともその初段には導入的部分 (これを「換頭〈かんどう〉」ということもあるが適当ではない) があって,結果的には2拍子 (『八段の調』は3拍子) だけ多いことになる。また,『輪舌 (みだれりんぜつ。みだれともいう) 』という曲は,例外的に各段の拍数も不定で,段の区切り方や段数も流派によって一定しない。現行曲は,『五段の調』 (北島または生田検校作曲。別に富野勾当説も) ,『六段の調』 (八橋検校作曲。別に北島検校作曲説も) ,『七段の調』 (作曲者未詳。安村検校作曲説も) ,『八段の調』 (八橋検校作曲。別に倉橋検校作曲説も) ,『九段の調』 (作曲者未詳。北島検校作曲説) ,『雲井九段』 (三橋検校作曲) ,『乱輪舌』 (八橋検校作曲。倉橋検校作曲説も) 。それぞれ,替手や三弦の旋律も補作されていて合奏されるが,替手は流派による異同がある。また,「段合せ」のような特殊な演奏形式もある。 (2) 浄瑠璃 各曲のうちでそれぞれその有名な段または特殊な段だけを抜出して集めた浄瑠璃本を「段物集」といい,そこに集められているものを「段物」という。また,豊後系の浄瑠璃では,義太夫節の一部をとったものを「段物」といい,転じて抒情的性格の強い「端物 (はもの) 」に対して,劇的構成の性格の強いものを「段物」という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だん‐もの【段物】

で、1曲の中心となる謡いどころ・舞いどころ・囃子(はやし)どころのうち、クセ狂いなどのような定型に属さないもの。「熊野(ゆや)」の文(ふみ)の段など。
浄瑠璃で、各段のうちの有名または特殊な一段。道行(みちゆき)景事(けいごと)などを集めたものを「段物集」という。
常磐津(ときわず)新内などで、義太夫節の一段または一部を借りて語る曲。⇔端物(はもの)
常磐津・清元長唄などで、語り物的な、または劇的構成をもった長編の曲。また、それを地とする舞踊。⇔端物
箏曲(そうきょく)で、1曲が数段で構成されている器楽曲。また、その形式。「六段」「八段」など。調べ物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

段物【だんもの】

箏曲の曲種。歌のない純楽器曲。調べ物とも《五段》《六段》《七段》《八段》《九段》《乱》などの楽曲がある。曲全体がいくつかの段に分かれ,原則として各段の拍数は104拍,初段には4拍(《八段》は6拍)がさらに加わる。
→関連項目菅掻六段

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だんもの【段物】

日本音楽の分類名称。段構造をもつ曲目総称するときに用いられるが,種目によって規定するところが異なる。(1)能では,仕舞,囃子などで独立して上演されることがある〈……ノ段〉と呼ばれる特定の段歌の部分を総称するときにいうことがある。(2)浄瑠璃では,独立して上演されることが多い特定の段の総称としても用いる。また,井上播磨掾以来,聴かせどころだけを抜き出した正本を,とくに〈段物集〉といい,その序跋が,一種芸術論をなすことが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

だんもの【段物】

能の一曲中の聞かせ所・見せ所とされる部分で、類型的形式に該当せず、「何々の段」と呼ばれるもの。「熊野ゆや」の「文ふみの段」、「小督こごう」の「駒の段」など。
箏曲の曲種の一。歌のない器楽曲で、拍子数が一定(五二拍子)した数段よりなる曲。「六段」「八段」など。調物しらべもの
豊後節系統の浄瑠璃(特に新内節)の曲種分類の一。義太夫節の曲を摂取した、劇的性格の強い曲。 ↔ 端物はもの
日本舞踊で、長唄・常磐津・清元などによる本格的な舞踊。 ↔ 端物

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

段物
だんもの

日本音楽の楽曲分類名称。原則として段構成をもつ楽曲群の総称として用いられるが、種目によってその用法が異なる。(1)能では『熊野(ゆや)』の「文ノ段」、『海士(あま)』の「玉ノ段」などのように、一曲のなかで特定の段名称をもつ段歌の総称として用いられることがある。これらはその曲のなかで眼目となる部分であり、独立性が強く、仕舞や囃子(はやし)、あるいは独吟・連吟などとして単独で上演されることも多い。(2)箏曲(そうきょく)では、箏組歌の伝承教習上、付物(つけもの)として扱われてきた器楽曲のうち、『六段』『八段』『乱輪舌(みだれりんぜつ)』などの段構造をもつ曲の総称として用いられる。これらは流儀によって『六段すががき』『八段の調(しらべ)』と称するので「すががき物」「調物(しらべもの)」ともいわれる。各曲とも、原則として初段の冒頭部を除き、各段が52拍子(104拍)で構成されて、「段合せ」「段返し」などの演奏が可能である。ただし、『乱輪舌』は『十段の調』または『十二段すががき』ともいわれ、各段の拍子が一定でなく、流儀によって段のくぎりに相違がみられる。段物は、箏独奏曲としてだけでなく、成立当初から三味線・一節切(ひとよぎり)の独奏曲、それら3種の合奏曲として奏され、同時に各種の替手も作曲された。(3)浄瑠璃(じょうるり)では、道行(みちゆき)・景事(けいごと)などの聞かせどころとなる特定の段をさし、その段だけの上演もよく行われる。詞章全般を収めた正本(しょうほん)・院本(まるほん)に対し、段物のみ収めたものを「段物集」といい、その序跋(じょばつ)は一種の芸術論をなすことが多い。(4)豊後(ぶんご)系浄瑠璃では、かならずしも明確な段構造をもつわけではないが、義太夫(ぎだゆう)節などの詞章や曲節を一部借用したものをさすことがある。また叙情的傾向の強い「端物(はもの)」に対して、劇的性格の濃い長編の曲を「段物」とも称する。後者の用法は長唄(ながうた)や端唄(はうた)などにも転用され、『勧進帳(かんじんちょう)』なども段物として扱われる。なお、こうした楽曲を地とする舞踊においては、浄瑠璃所作事すべてを段物という場合がある。(5)琵琶(びわ)楽では、「端歌物」に対して段構造をもつ大曲を段物という。筑前(ちくぜん)琵琶の『七騎落』、薩摩(さつま)琵琶の『敦盛(あつもり)』など。[谷垣内和子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の段物の言及

【義太夫節】より

…以上の各場は作曲,演奏の上でやはり区別される。(2)段物と道行・景事 劇的性格のつよいふつうの曲を段物という。通常太夫,三味線各1人ずつで演奏し,ときに三味線がさらに加わるツレ弾きや,箏,胡弓などが部分的に加わることもある。…

【新内節】より

…題材も義太夫節の一部をとって新内化することが行われるようになった。これを段物(だんもの)という。 幕末になって鶴賀加賀八太夫が富士松家を再興し,富士松加賀太夫(のち富士松魯中)を名のり,安政(1854‐60)のころに品よく渋い新作を作り,富士松浄瑠璃と称した。…

【箏曲】より

… 八橋の時代には,箏は流行歌曲の伴奏にも用いられ,また三味線や一節切(ひとよぎり)の尺八とも合奏され,若干の器楽曲も存在した。そのなかの《すががき》《りんぜつ》《きぬた》などは,箏の器楽曲としても独立するとともに,さまざまな類曲が作られ,〈段物〉(〈調べ物〉とも),〈砧物〉などとして,組歌に付随して教習されるようになった。流行歌謡の〈弄斎(ろうさい)節〉を箏曲化した〈弄斎物〉の楽曲とともに,すべて組歌の〈付物(つけもの)〉として扱われる。…

【段】より

…【平野 健次】(2)能でも,脚本構成の単位として,〈シテ登場ノ段〉などと,区切られた部分の呼称として用いられることもあるが,古くは,《海人(あま)》の〈玉ノ段〉のように,クセやキリなどの類型に入らない特殊な構造と性格をもつ部分を,とくに取り出していう場合に用いた。その類の謡を〈段歌〉,その曲目を〈段物〉と総称することもある。また,囃子事(はやしごと)と呼ばれる器楽的部分では,段落をつける特定部分のみをいい,曲全体の冒頭部分は,カカリなどといって段とはいわないため,たとえば〈序ノ舞五段〉といえば,全体で6節からなり,途中に段落をつける部分が5ヵ所あることをいう。…

※「段物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

段物の関連キーワード段合わせ・段合せ付け物・付物喜味家たまご陸奥茂太夫宇治加賀掾箏曲大意抄古浄瑠璃光崎検校秋風の曲義太夫本ユーカラ五行本五段砧平調子城木屋クズレ万作踊常磐津山木派景事

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android