諷喩・風諭(読み)ふうゆ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 遠まわしにさとすこと。たとえでそれを推察させること。
※本朝文粋(1060頃)七・贈藤原行成状〈大江匡衡〉「詩三百五篇、致諷喩於帝者

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android