コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本朝文粋 ほんちょうもんずい

6件 の用語解説(本朝文粋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本朝文粋
ほんちょうもんずい

平安時代中期の漢詩文集。藤原明衡 (あきひら) 編。 14巻。成立年未詳。後世の文章作成の手本にする目的で,嵯峨天皇から後一条天皇まで 17代約 200年間のすぐれた詩や文章 427編を集めたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほんちょうもんずい〔ホンテウモンズイ〕【本朝文粋】

平安中期の漢詩文集。14巻。藤原明衡(ふじわらのあきひら)撰。康平年間(1058~1065)の成立か。嵯峨天皇から後一条天皇までの約200年間の漢詩文427編を、「文選(もんぜん)」に倣って39類に分類したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

本朝文粋【ほんちょうもんずい】

平安中期の漢詩文集。藤原明衡(あきひら)の撰。14巻。詩中心の総集《扶桑集》(紀斉名(きのただな)撰)に対し,日本最初の文中心の総集。中国の《文選(もんぜん)》にならい,嵯峨天皇から後一条天皇まで約200年間の作家69人・詩文427編を収める。
→関連項目小野篁願文紀長谷雄池亭記源為憲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほんちょうもんずい【本朝文粋】

平安朝漢詩文の総集。14巻。詩中心の総集《扶桑集》(紀斉名(ただな)撰)に対して,日本最初の文中心の総集。編者は藤原明衡(あきひら)。1058年(康平1)ごろの成立か。書名は《唐文粋》により,組織・体式は《文選》による。9世紀前半~11世紀前半の作家69人の傑作427編を文体によって39類に分ける。大江家,菅原家を中心とする当代の文人とその代表的作品をほとんど網羅し,王朝漢文学を一望の下におく。日本漢文学研究上必読の書。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほんちょうもんずい【本朝文粋】

漢詩文集。一四巻。藤原明衡あきひら撰。一一世紀半ばの成立。嵯峨天皇から後一条天皇までの約200年間の漢詩文四二七編を、「文選」の体裁にならって集録。作者は、大江匡衡まさひら・大江朝綱・菅原道真・紀長谷雄・源順したごうなど。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本朝文粋
ほんちょうもんずい

平安時代の漢詩文集。14巻。藤原明衡(あきひらせん)。康平(こうへい)年間(1058~65)ごろ成立か。宋(そう)の姚鉉(ようげん)の『唐文粋(とうぶんすい)』に倣い、平安時代の詩文の優れたものを選んで後世の作文の手本にし、子弟の文学教育に役だてる目的で編纂(へんさん)した。嵯峨(さが)天皇から後一条(ごいちじょう)天皇まで17代200余年間における69人の作品427編を収める。作者は天皇から国司に及ぶが、菅原(すがわら)・大江の両家を頂点とする学者詩人が中核を占めており、編者は延喜(えんぎ)(901~923)、天暦(てんりゃく)(947~957)、寛弘(かんこう)(1004~12)の漢詩文隆盛時代を謳歌(おうか)回顧したかったのであろう。その資料となったのは『扶桑集(ふそうしゅう)』などの撰集、『菅家文草(かんけぶんそう)』などの家集および公文書と思われる。分類の体裁は『文選(もんぜん)』に倣っているが、当時の社会事情に適した内容を有しており、作品の配列には編纂意図がうかがわれるが、完全な配列基準をもっていない。その作品は華麗な表現と巧緻(こうち)な対句をもつ四六駢儷(べんれい)文で、文章の精粋の名に恥じない。しかも当時行われたあらゆる文章の種類を含んでいるので、当時の文章の形式を知ることもできる。表現の華麗に反して内容の空虚なものが多いが、兼明(かねあきら)親王の「莵裘賦(ときゅうふ)」や慶滋保胤(よししげのやすたね)の「池亭記(ちていき)」のような傑作もあり、また「白箸翁(はくちょおう)」「道場法師伝」のような散文や「男女婚姻賦」「鉄槌(てっつい)伝」のような猥雑(わいざつ)な戯文に編者の独創性がうかがえる。本書の後代文学に及ぼした影響は広範で、その分類編纂が後の文集の規範になり、その文章は作文指南書に引用されて手本になり、その秀句は朗詠や唱導を通して人々に賞翫(しょうがん)され、中世の軍記物語や謡曲に引かれて和漢混交文の完成に大きな貢献をした。[大曽根章介]
『柿村重松著『本朝文粋註釈』全2巻(1968・冨山房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の本朝文粋の言及

【藤原明衡】より

…位一階の昇進を願って何度も上申した奏状も残っている(《本朝続文粋》巻六)。不遇のままで80歳近い生涯をとじた明衡の代表的な業績は,《本朝文粋》14巻の編纂にある。これは嵯峨朝から後一条朝までの17代200余年間の名家の文章を《文選》の体式にならって撰したものであり,平安朝漢文学の珠玉選である。…

※「本朝文粋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

本朝文粋の関連キーワード総集扶桑集起句起結詩文平安朝本朝続文粋本朝無題詩川口久雄古詩源

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone