賭博場開張等図利罪(読み)トバクジョウカイチョウトウトリザイ

デジタル大辞泉「賭博場開張等図利罪」の解説

とばくじょうかいちょうとうとり‐ざい〔トバクヂヤウカイチヤウトウトリ‐〕【賭博場開張等図利罪】

寺銭などで利益を得るために賭博場を開き、客に賭博をさせる罪。自分が賭博に加わらなくても成立する。刑法第186条第2項が禁じ、3月以上5年以下の懲役に処せられる。賭博場開張図利罪賭博場開張罪

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android