コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賭博場開張罪 トバクジョウカイチョウザイ

デジタル大辞泉の解説

とばくじょうかいちょう‐ざい〔トバクヂヤウカイチヤウ‐〕【賭博場開張罪】

賭博場開張等図利罪

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とばくじょうかいちょうざい【賭博場開張罪】

行為者自身が中心となって、その支配下に賭博をさせる場所を開設する罪。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の賭博場開張罪の言及

【賭博罪】より

…刑は50万円以下の罰金または科料に処せられる),常習賭博罪(186条1項。刑は3年以下の懲役),賭博場開張罪(同条2項前段。刑は3ヵ月以上5年以下の懲役),博徒結合罪(同項後段,3ヵ月以上5年以下の懲役)から成り,同質の罪として富くじ発売罪(187条1項。…

※「賭博場開張罪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

賭博場開張罪の関連キーワード支配下賭博

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android