コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起(き)上(が)り小法師 オキアガリコボシ

2件 の用語解説(起(き)上(が)り小法師の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おきあがり‐こぼし【起(き)上(が)り小法師】

達磨(だるま)の形などに作った人形の底におもりをつけ、倒れてもすぐに起き上がるようにしたおもちゃ不倒翁(ふとうおう)。おきゃがりこぼし。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おきあがりこぼし【起上り小法師】

張子製の人形の底に土のおもりをつけた玩具。倒してもおもりのせいで起き上がるようにつくってある。中国に唐代からある木製人形の酒胡子(しゆこし)が原型といわれる。この人形は尻がとがっており,盤中でこれを転がすとしばらく舞った後に倒れる。その静止した方向の座にある者が盃を受けるという酒席の遊びに用いられた。明代にこれが張子製となり酒客の間でもて遊ばれた。転がしても必ず起き上がる姿から不老不死の意味で〈不倒翁〉と名づけられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone