コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超越主義 ちょうえつしゅぎ

大辞林 第三版の解説

ちょうえつしゅぎ【超越主義】

一九世紀前半、アメリカ、ニュー-イングランド地方のユニテリアン派の中よりエマーソンを中心として始まるロマン主義運動。有限な存在のうちに神的なものの内在を認め、神秘的汎神論に傾くが、倫理的には理想主義、個人主義の立場にある。超絶主義。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超越主義
ちょうえつしゅぎ

超絶主義」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

超越主義
ちょうえつしゅぎ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の超越主義の言及

【トランセンデンタリズム】より

…アメリカの思想家R.W.エマソンとその周囲の文人,宗教家たちのロマン主義思想をいう。超越主義,超絶主義と訳す。エマソンの《自然》(1836)出版後,彼の周囲に集まったユニテリアン派の牧師たち(ヘッジFrederic H.Hedge,T.パーカー,リプリーGeorge Ripley,W.E.チャニングら),随筆家H.D.ソロー,教育家A.B.オールコット,批評家S.M.フラー,詩人チャニングWilliam E.Channing,ベリーJones Veryなどがその代表者である。…

※「超越主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

超越主義の関連キーワードコール(Thomas Cole)ウィリアム・ジョセフ カリートランセンデンタリズムラテンアメリカ文学ハドソン・リバー派ルネサンス美術ユニテリアン派カトリシズムアメリカ哲学オルコットエマーソン先験主義理想主義エマソン汎神論経験論超越論フラー内在

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android