コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超越主義 ちょうえつしゅぎ

大辞林 第三版の解説

ちょうえつしゅぎ【超越主義】

一九世紀前半、アメリカ、ニュー-イングランド地方のユニテリアン派の中よりエマーソンを中心として始まるロマン主義運動。有限な存在のうちに神的なものの内在を認め、神秘的汎神論に傾くが、倫理的には理想主義、個人主義の立場にある。超絶主義。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超越主義
ちょうえつしゅぎ

超絶主義」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

超越主義
ちょうえつしゅぎ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の超越主義の言及

【トランセンデンタリズム】より

…アメリカの思想家R.W.エマソンとその周囲の文人,宗教家たちのロマン主義思想をいう。超越主義,超絶主義と訳す。エマソンの《自然》(1836)出版後,彼の周囲に集まったユニテリアン派の牧師たち(ヘッジFrederic H.Hedge,T.パーカー,リプリーGeorge Ripley,W.E.チャニングら),随筆家H.D.ソロー,教育家A.B.オールコット,批評家S.M.フラー,詩人チャニングWilliam E.Channing,ベリーJones Veryなどがその代表者である。…

※「超越主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

超越主義の関連キーワードコール(Thomas Cole)ウィリアム・ジョセフ カリートランセンデンタリズムハドソン・リバー派ラテンアメリカ文学ルネサンス美術ユニテリアン派カトリシズムアメリカ哲学エマーソンオルコット理想主義先験主義エマソン超越論汎神論フラー経験論内在

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android