コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転置行列 てんちぎょうれつtransposed matrix

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

転置行列
てんちぎょうれつ
transposed matrix

随伴行列ともいう。 mn 列の行列 A=(aij)(i=1,2,…,m;j=1,2,…,n) に対して,bjiaij であるような nm 列 ( A の行と列を入替えた) の行列 B=(bji) を A の転置行列という。この BtA と書く。たとえば
である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の転置行列の言及

【行列】より

… 上の(2)で定めた乗法によれば,例えば,による一次変換は,と書いてよく,この二つの合成(Aの分が先)は,となって,行列の積BAに対応する。
[転置行列]
 Aが(m,n)行列であるとき,Aの(i,j)成分を(j,i)成分とすることによって得られる(n,m)行列をAの転置行列という。tAで表すのがふつうである。…

※「転置行列」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

転置行列の関連キーワード回転(数学・物理学)エルミート形式ユニタリー行列エルミート行列ユニタリ変換直交変換二次形式対称行列随伴行列交代行列直交行列行列式余因子