コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

這ふ葛の ハウクズノ

デジタル大辞泉の解説

はうくず‐の〔はふくず‐〕【×這ふ葛の】

[枕]葛のつるが長く伸び分かれ、末にあうところから、「いや遠長く」「絶えず」「後もあふ」にかかる。
「―いや遠長く万代(よろづよ)に」〈・四二三〉
「―絶えず偲(しの)はむ大君の」〈・四五〇九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はうくずの【這ふ葛の】

( 枕詞 )
葛のつるが長くはうことから、「いや遠長く」「後も逢ふ」「絶えず」にかかる。 「 -いや遠長く万代よろずよに/万葉集 423」 「 -後も逢はむと/万葉集 3834」 「 -絶えず偲しのはむ大君の/万葉集 4509

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

這ふ葛のの関連キーワード万葉集大君