連記投票(読み)レンキトウヒョウ

大辞林 第三版の解説

れんきとうひょう【連記投票】

一回の選挙につき、一人の選挙人が二名以上の候補者に投票すること。特に、定数だけの候補者の氏名を連記して投票すること。 ⇔ 単記投票

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の連記投票の言及

【投票】より

…(3)単記投票主義 1選挙区から選出される議員定数の大小にかかわらず,投票用紙に1人の候補者の氏名を記載せしめるものである。これに対し,1選挙区につき2人以上の候補者の氏名を投票用紙に記載する場合を連記投票と呼んでいる。また,その場合でも,1選挙区の議員定数に達するまでの数の候補者の氏名を記載せしめるか,あるいは議員定数に達しない範囲での候補者の氏名を記載せしめるかによって完全連記制と制限連記制に分かれる。…

※「連記投票」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連記投票の関連情報