コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那波祐生 なば すけなり

朝日日本歴史人物事典の解説

那波祐生

没年:天保8.10.18(1837.11.15)
生年:安永1.6.3(1772.7.3)
江戸時代の秋田の豪商那波家の9代目当主。三郎右衛門は通称で,代々襲名した。那波家は,早くから秋田藩主佐竹氏とつながりがあり,享保5(1720)年に京都から出羽国久保田(秋田市)に移住。その後,藩の御用聞町人としてその財政運営にかかわっていた。祐生は,京都から絹織物や酒造などの新技術を導入し,国産物の開発,振興に尽くした。文政11(1828)年,窮民救済機関の基金として多額の私財を提供,翌年これが「感恩講」として発足した。以後,久保田の有力町人からの献金を資金として運営され,窮民救済,育児機関としての役割を果たした。祐生は近世都市の矛盾にいちはやく対策を講じた民間人といえる。<参考文献>秋田県社会福祉協議会編『秋田県社会福祉史』

(金森正也)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

那波祐生 (なばゆうせい)

生年月日:1772年6月3日
江戸時代後期の秋田の豪商那波家の9代目当主
1837年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

那波祐生の関連キーワード生年月日

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android