秋田(読み)アキタ

デジタル大辞泉の解説

あき‐た【秋田】

稲の実っている田。
「植ゑて往(い)にし―刈るまで見えこねば今朝初雁の音(ね)にぞ鳴きぬる」〈古今・恋五〉

あきた【秋田】[地名]

東北地方北西部の県。県庁所在地は秋田市。かつての羽後の大半と陸中の一部を占める。人口108.6万(2010)。
秋田県中西部、雄物(おもの)川下流の市。県庁所在地。もと佐竹氏の城下町旧名、久保田。8月に行われる竿灯(かんとう)祭は東北三大祭りの一。人口32.3万(2010)。

あきた【秋田】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「秋田」姓の人物
秋田雨雀(あきたうじゃく)
秋田実(あきたみのる)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あきた【秋田】

東北地方西部の県。かつての羽後国の大半と陸中国の一部を占める。西は日本海で、中央は出羽山地、東部は奥羽山脈となる。北部の米代川流域に大館盆地・能代のしろ平野、南部の雄物おもの川流域に横手盆地・秋田平野がある。県庁所在地、秋田市。
秋田県中西部、雄物川下流域の市。県庁所在地。近世、佐竹氏二〇万石の城下町で、久保田と称した。商業が発達、また秋田港(土崎港)地区は製紙・食品・木工などの工業地帯。七夕の竿灯かんとう祭は有名。銀線細工・秋田ブキが特産。

あきた【秋田】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋田の関連情報