秋田(読み)アキタ

  • 地名
  • 姓氏

デジタル大辞泉の解説

稲の実っている田。
「植ゑて往(い)にし―刈るまで見えこねば今朝初雁の音(ね)にぞ鳴きぬる」〈古今・恋五〉
東北地方北西部の県。県庁所在地は秋田市。かつての羽後大半陸中の一部を占める。人口108.6万(2010)。
秋田県中西部、雄物(おもの)川下流の市。県庁所在地。もと佐竹氏の城下町旧名久保田。8月に行われる竿灯(かんとう)祭は東北三大祭りの一。人口32.3万(2010)。
姓氏の一。
[補説]「秋田」姓の人物
秋田雨雀(あきたうじゃく)
秋田実(あきたみのる)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 (「あきだ」とも) =あき(秋)の田
※万葉(8C後)八・一五五六「秋田刈る仮廬(かりほ)もいまだこほたねば雁が音(ね)寒し霜も置きぬがに」
[2]
[一] 秋田県中西部、雄物川河口の地名。古くは齶田(あぎだ)、飽田(あくだ)といい、天平五年(七三三)、出羽柵(いではのき)が高清水岡に置かれた。室町時代は安東氏が支配、江戸時代は久保田と呼ばれ、佐竹氏二〇万石の城下町として繁栄。明治二二年(一八八九)市制。県庁所在地。
姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋田の関連情報