コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都千中(初代) みやこ・せんちゅう

1件 の用語解説(都千中(初代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

都千中(初代)

没年:明和2頃(1765)
生年:生年不詳
江戸中期の一中節の太夫。都秀太夫千中とも。都三中の弟子か。享保(1716~36)末ごろから宝暦7(1757)年ごろまで活躍。享保19年春,江戸中村座で語った「夕霞浅間岳」が大当たりし,当時江戸の市中で「鼠の糞と夕霞の歌本のない家はない」とまでいわれた。このほか元文1(1736)年に「家桜」,宝暦1年に「賤機」など多くの曲を語った。7年ごろから舞台出演をやめ男芸者になった。江戸において一中節は,千中没後ほとんど劇場出演はなく,座敷浄瑠璃として吉原に残るのみとなった。

(吉野雪子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

都千中(初代)の関連キーワード中野碩翁過疎現象と市区町村合併自伝自伝文学ロマンス医学館蜘蛛の糸懺悔録十返舎一九事物紀原

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone