コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都千中(初代) みやこ・せんちゅう

1件 の用語解説(都千中(初代)の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

都千中(初代)

没年:明和2頃(1765)
生年:生年不詳
江戸中期の一中節の太夫。都秀太夫千中とも。都三中の弟子か。享保(1716~36)末ごろから宝暦7(1757)年ごろまで活躍。享保19年春,江戸中村座で語った「夕霞浅間岳」が大当たりし,当時江戸の市中で「鼠の糞と夕霞の歌本のない家はない」とまでいわれた。このほか元文1(1736)年に「家桜」,宝暦1年に「賤機」など多くの曲を語った。7年ごろから舞台出演をやめ男芸者になった。江戸において一中節は,千中没後ほとんど劇場出演はなく,座敷浄瑠璃として吉原に残るのみとなった。

(吉野雪子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

都千中(初代)の関連キーワード半太夫節江戸半太夫都太夫一中佐々木古流佐中都金太夫三中都三中都千中都秀太夫千中(初代)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone