初代(読み)ショダイ

デジタル大辞泉の解説

家系・芸道などで、一家を立てた最初の人。また、その人の代。
その職務に初めて就任した人。第1代。「初代の校長」
[補説]系統的なものにおける「最初の・初めて」の意で、架空の人物やキャラクター、また、事物に対しても用いられる。「初代マスコット」「携帯電話の初代モデル」「初代の電気自動車」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ある一つの職業、家系、芸道などの系統の最初の人。また、その最初の時代。初世。
※劇場一観顕微鏡(1829)上「初代(ショダイ)の中山由男などは近世の銘人なれども一体下品なる芸風ゆゑ」
※新聞雑誌‐五号・明治四年(1871)六月「初代『拿破崙(ナポレオン)』此島を以て海軍の根拠となし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初代の関連情報