コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初代 ショダイ

デジタル大辞泉の解説

しょ‐だい【初代】

家系・芸道などで、一家を立てた最初の人。また、その人の代。
その職務に初めて就任した人。第1代。「初代校長

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょだい【初代】

家系・流派・学統などで、その系統の最初の人。その系統を起こした人。また、代々受け継がれている地位などの、最初の人。初世。 「 -名人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

初代の関連キーワードW. ベイドー・アンサー江戸太夫藤十郎(2代)一龍斎 貞山(4代目)春風亭 小さん(初代)鳥居 登名美(2代目)奈河七五三助(2代)杉山勘左衛門(2代)富本 豊前(2代目)土橋亭竜馬(初代)一竜斎貞山(2代)鶴沢友次郎(初代)山下亀之丞(2代)ジョモ ケニヤッタ伊東陶山(二代目)杵屋弥三郎(2代)リー・チャン・ケン松永鉄五郎(2代)宝井馬琴(2代)ファーストスター松島半弥(2代)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初代の関連情報