初代(読み)ショダイ

デジタル大辞泉の解説

家系・芸道などで、一家を立てた最初の人。また、その人の代。
その職務に初めて就任した人。第1代。「初代の校長」
[補説]系統的なものにおける「最初の・初めて」の意で、架空の人物やキャラクター、また、事物に対しても用いられる。「初代マスコット」「携帯電話の初代モデル」「初代の電気自動車」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

家系・流派・学統などで、その系統の最初の人。その系統を起こした人。また、代々受け継がれている地位などの、最初の人。初世。 -名人

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ある一つの職業、家系、芸道などの系統の最初の人。また、その最初の時代。初世
※劇場一観顕微鏡(1829)上「初代(ショダイ)の中山由男などは近世の銘人なれども一体下品なる芸風ゆゑ」
※新聞雑誌‐五号・明治四年(1871)六月「初代『拿破崙(ナポレオン)』此島を以て海軍の根拠となし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初代の関連情報