都甲氏(読み)とごううじ

世界大百科事典 第2版の解説

とごううじ【都甲氏】

豊後国国東(くにさき)郡都甲荘(現,大分県豊後高田市)を本貫とする中世の武家。開発領主の左近大夫源経俊は同荘を平安末期ごろに宇佐八幡弥勒寺に寄進し,荘官職に任じられた。都甲荘の文書上の初見は1161年(応保1)3月の弥勒寺留守所下文。経俊の女が速見郡山香(やまが)郷司大神(おおが)貞正に嫁し,その子が都甲荘荘官職を継承した。その後3代は大神姓を称したが,庶子の家実が都甲を姓とし荘官職を保持した。惣領家が山香郷司職を,庶子家が都甲荘荘官職を継承したものと考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android