弘安(読み)コウアン

大辞林 第三版の解説

こうあん【弘安】

年号(1278.2.29~1288.4.28)。建治の後、正応の前。後宇多・伏見天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

こうあん【弘安】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1278年から1288年まで、後宇多(ごうだ)天皇、伏見(ふしみ)天皇の代の元号。前元号は建治(けんじ)。次元号は正応(しょうおう)。1278年(建治4年)2月29日改元。疫病流行の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『太宗(たいそう)実録』を出典とする命名。弘安年間の鎌倉幕府の将軍は惟康(これやす)親王(7代)。執権は北条時宗(ときむね)(8代)、北条貞時(さだとき)(9代)。1281年(弘安4)にはモンゴル帝国と高麗の軍勢が再来襲したが(弘安の役)、大型台風で軍船の大半が沈没した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうあん【弘安】

鎌倉時代、後宇多天皇、伏見天皇の代の年号。建治四年(一二七八)二月二九日疾疫流行により改元。弘安一〇年(一二八七)一〇月以後は伏見天皇の代。弘安一一年四月二八日、正応と改元。将軍惟康親王、執権北条時宗・貞時の時代。出典は「太宗実録」の「弘民之道」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弘安の関連情報