コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

醍醐桜

1件 の用語解説(醍醐桜の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

醍醐桜

岡山県北部の真庭市にあるアズマヒガン(ヒガンザクラの一種)の大木で、県の天然記念物。高さ18メートル、幹の太さ7メートル、枝張り20メートルで、樹齢は千年以上といわれる。後醍醐天皇がこの地に立ち寄った際に称賛したという言い伝えからこの名が付いたという。丘の上にそびえ立つ美しい姿で知られ、毎年の開花シーズンには多くの観光客でにぎわう。

(2007-04-12 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

醍醐桜の関連キーワードキアズマ真庭市東人東百官真庭真東東笹河辺東人紀東人佐伯東人妻

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

醍醐桜の関連情報