重ね土器(読み)カサネガワラケ

デジタル大辞泉の解説

かさね‐がわらけ〔‐がはらけ〕【重ね土器】

いく枚も重ねた土器。
三献(さんこん)・五献など定まった数の杯のほかに、さらに重ねる杯。
旅立ちのとき、安全を祝って飲む酒。
「たつほどの―なかりせばおぼえて淀の渡りせましや」〈永久百首

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かさねかわらけ【重ね土器】

いく枚も重ねた土器。
三献さんこん・五献など定まった数の杯が終わって、さらに重ねる杯。
旅立ちの時、前途の無事を祝って飲む酒。 「たつ程の-なかりせば/永久百首」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android