コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金の卵 キンノタマゴ

デジタル大辞泉の解説

きん‐の‐たまご【金の卵】

めったに手に入らない貴重な人材。
[補説]求人難のときの中卒高卒の就職希望者をいった、昭和39年(1964)の流行語から。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんのたまご【金の卵】

手に入れることの難しい、将来性のある若い人材。 〔1960年代前半、中学卒の集団就職者を指して流行した語〕
企業にとって将来が期待される商品や企画。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の金の卵の言及

【卵】より

…またギリシアのオルフェウス教による神話は,上天の神アイテルAithērがクロノスないしカオスと交わって巨大な銀色の卵をつくり,そこから最初の両性具有神プロトゴノスPrōtogonos(〈最初に生まれた者〉)あるいはファネスPhanēs(〈光明〉)が生まれたと説く。さらにエジプト神話では,ナイル川のガチョウが産んだ黄金の卵から太陽神ラーが誕生し,創造神クヌムKhnumも口から卵を吐きだしこれを言語の源としたと語られている。同様にヒンドゥー神話にも黄金の卵から創造神ブラフマー(梵天)が生まれ,二つに割れた殻が天と地に変じたという話がある。…

※「金の卵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金の卵の関連キーワードジャックと豆の木プラジャーパティブラーフマナ井沢 八郎黄金の胎子銀たま採用永山則夫末吉慶子集団就職将来性金官国酒井藍

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金の卵の関連情報