コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金の卵 キンノタマゴ

2件 の用語解説(金の卵の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きん‐の‐たまご【金の卵】

めったに手に入らない貴重な人材。
[補説]求人難のときの中卒・高卒の就職希望者をいった、昭和39年(1964)の流行語から。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の金の卵の言及

【卵】より

…またギリシアのオルフェウス教による神話は,上天の神アイテルAithērがクロノスないしカオスと交わって巨大な銀色の卵をつくり,そこから最初の両性具有神プロトゴノスPrōtogonos(〈最初に生まれた者〉)あるいはファネスPhanēs(〈光明〉)が生まれたと説く。さらにエジプト神話では,ナイル川のガチョウが産んだ黄金の卵から太陽神ラーが誕生し,創造神クヌムKhnumも口から卵を吐きだしこれを言語の源としたと語られている。同様にヒンドゥー神話にも黄金の卵から創造神ブラフマー(梵天)が生まれ,二つに割れた殻が天と地に変じたという話がある。…

※「金の卵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金の卵の関連情報