コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金融コングロマリット きんゆうこんぐろまりっと

2件 の用語解説(金融コングロマリットの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

金融コングロマリット

金融分野における複合企業体のこと。具体的には金融持株会社のもとに銀行、証券会社保険会社など異なる業態の金融機関グループ化する組織形態。これにより、経営の効率化や金融商品開発力の向上などに効果があるといわれる。利用者は多様な金融商品をワンストップで利用でき、利便性向上が期待できる。一方、金融機関の巨大化に伴う寡占化、異なる業態の統合による経営管理の複雑化などの課題が指摘されている。これを受け、日本では金融庁において「金融コングロマリット監督指針」を策定。2005年度から、金融コングロマリットの監督・規制のあり方について検討が進められている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きんゆう‐コングロマリット【金融コングロマリット】

銀行・証券会社・保険会社などが統合した金融複合企業。競争力を強め、収益を高めるのがねらい。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金融コングロマリットの関連キーワードIHV具体性GE複合企業両罰規定業体ベースカラーシャーウッド数農業サービス事業体

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金融コングロマリットの関連情報