コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釣合舵 つりあいかじ

百科事典マイペディアの解説

釣合舵【つりあいかじ】

舵面を舵軸の前にも配置し,圧力中心を軸に接近させて,舵軸に加わる回転モーメントを小さくし,舵取りを容易にした舵。
→関連項目反動舵

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の釣合舵の言及

【舵】より


[舵の種類]
 舵板が1枚の板状の単板舵は,構造が簡単なことからかつてはよく用いられたが,舵の背面で流れが剝離するため舵効きが失われる失速角が小さく,また舵抵抗も大きいので,最近では小型船以外ではあまり使われない。断面形状が流線形で,断面の厚さを厚くし,舵板に働く力の着力点が広い範囲の操舵角に対して移動しないようにくふうした釣合舵(舵板に働く力の着力点の直上に舵軸を設けた舵)をシンプレックス舵という。単板舵では舵の前端(船に近いほう)を回転軸とする形式の非釣合舵が多く,このような舵では舵板を回転させるのに大きなモーメントを要するが,釣合舵では舵軸にかかるモーメントが小さく,操舵機の馬力を小さくできる利点がある。…

※「釣合舵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android