コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釣合舵 つりあいかじ

1件 の用語解説(釣合舵の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

釣合舵【つりあいかじ】

舵面を舵軸の前にも配置し,圧力中心を軸に接近させて,舵軸に加わる回転モーメントを小さくし,舵取りを容易にした舵。
→関連項目反動舵

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の釣合舵の言及

【舵】より


[舵の種類]
 舵板が1枚の板状の単板舵は,構造が簡単なことからかつてはよく用いられたが,舵の背面で流れが剝離するため舵効きが失われる失速角が小さく,また舵抵抗も大きいので,最近では小型船以外ではあまり使われない。断面形状が流線形で,断面の厚さを厚くし,舵板に働く力の着力点が広い範囲の操舵角に対して移動しないようにくふうした釣合舵(舵板に働く力の着力点の直上に舵軸を設けた舵)をシンプレックス舵という。単板舵では舵の前端(船に近いほう)を回転軸とする形式の非釣合舵が多く,このような舵では舵板を回転させるのに大きなモーメントを要するが,釣合舵では舵軸にかかるモーメントが小さく,操舵機の馬力を小さくできる利点がある。…

※「釣合舵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

釣合舵の関連キーワード赤道雨車軸の如し木にも草にも心を置く草木にも心を置く軸距テーパーピン田楽返し回り膝シュタイナーの定理(慣性能率)コンパクト五輪

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone