コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反動舵 はんどうかじ

百科事典マイペディアの解説

反動舵【はんどうかじ】

プロペラ後流を整流しに推力を生じさせるようにした釣合舵。舵板の前縁に翼型のひれをつけ,これでプロペラ後流のねじれを整流して推力方向の分力を生じさせる。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の反動舵の言及

【舵】より

…エルツ舵は,全体としては流線形であるが,前方の約1/3は固定され,後方の部分のみが可動となっており,舵に働く力の一部を固定部に受けもたせることにより,操舵機の馬力を小さくできる,大舵角まで失速を起こさないなどの利点がある。反動舵は舵板の前縁につけた翼形の鰭(ひれ)でスクリュープロペラ後流のねじれを整流して舵自身に推進力を発生させ,船の推進力を増大させるもので,同様に,スクリュープロペラ後流を整流し推進効率を高めるために,舵柱の前端に上下逆のねじれを与えた舵をコントラ舵と呼ぶ。また,ふつうの釣合舵を主舵とし,その後端に小さな副舵を設け,副舵に作用する力で主舵を回転させて操舵機の馬力を小さくする形式の舵をフレットナー舵という。…

※「反動舵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android