コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釧着く クシロツク

デジタル大辞泉の解説

くしろ‐つく【×釧着く】

[枕]《釧を着ける手から》地名「手節(たふし)」にかかる。
「―手節の崎に今日もかも」〈・四一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くしろつく【釧着く】

( 枕詞 )
釧を着ける手、または手節たふし(手の関節)の意から、地名「手節たふしの崎」にかかる。 「 -手節の崎に今日もかも/万葉集 41

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

釧着くの関連キーワード万葉集手節

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android