コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀行代理仲介業 ぎんこうだいりちゅうかいぎょう bank intermediary agency

2件 の用語解説(銀行代理仲介業の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

銀行代理仲介業

銀行代理店」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

銀行代理仲介業

銀行法上の許可を受けた法人または個人が、銀行の代理店として銀行業務の一部を代行すること。具体的には、預金契約の代理や資金の貸付などの契約の代理、為替取引の代理などを行なう。銀行のサービスの多様化を目指して導入された制度であるが、様々な規制が設けられ、代理店はほとんど普及していなかった。そのため2006年の銀行法改正によって、いくつかの変更が行なわれた。一つは、代理業を行なえる法人は銀行の100%子会社でなければならない、という規制の撤廃。もう一つは、代理店は銀行の代理業務の専業でなければならない、という規制の撤廃である。今回の規制緩和によって異業種による代理店への参入、代理店の増加が期待されている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銀行代理仲介業の関連キーワード準通貨積立定期預金定期積金貯蓄預金銀行代理店定期積み金・定期積金預金証書M1M2M3定期性預金定期預貯金等付帯傷害保険

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone