コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銭舜挙

美術人名辞典の解説

銭舜挙

元代の画家。浙江省呉興生。名は選、舜挙は字、号に王潭・巽峯等。宋の景定年間(1260~1264)に進士となったが、宋滅亡後は官途につかなかった。詩書画ともに巧みで、殊に人物・山水・花鳥画を能くし、それぞれ李公麟、超令穣、超昌を師とした。また青緑山水は超伯駒を師としたといわれる。折枝花も得意とし、自作の詩をそれに題して楽しんだ。呉興八俊の一人。京都本法寺に「折枝鷄頭花図」がある。大徳5年(1301)以後歿。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

銭舜挙【せんしゅんきょ】

銭選

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銭舜挙
せんしゅんきょ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android