コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銭舜挙

5件 の用語解説(銭舜挙の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

銭舜挙

元代の画家。浙江省呉興生。名は選、舜挙は字、号に王潭・巽峯等。宋の景定年間(1260~1264)に進士となったが、宋滅亡後は官途につかなかった。詩書画ともに巧みで、殊に人物・山水・花鳥画を能くし、それぞれ李公麟、超令穣、超昌を師とした。また青緑山水は超伯駒を師としたといわれる。折枝花も得意とし、自作の詩をそれに題して楽しんだ。呉興八俊の一人。京都本法寺に「折枝鷄頭花図」がある。大徳5年(1301)以後歿。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

銭舜挙【せんしゅんきょ】

銭選

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銭舜挙
せんしゅんきょ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone