鍋島更紗(読み)なべしまさらさ

世界大百科事典内の鍋島更紗の言及

【更紗】より

…一般に型紙を用いて裂地に染料を摺(す)ったり,型染と同じく型紙を用いて糊を置き,そのあと引染したもので,用途は下着や胴着,風呂敷,布団などである。その中で鍋島藩でつくられた鍋島更紗のみは,模様の輪郭に木型を,その他の部分は型紙を幾枚も用いてたんねんに染めあげたもので,藩の御用達や注文品としての風格をそなえた高級和更紗として知られる。【小笠原 小枝】。…

※「鍋島更紗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android