コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎬造(り)/鎬作(り) シノギヅクリ

デジタル大辞泉の解説

しのぎ‐づくり【×鎬造(り)/×鎬作(り)】

日本刀の造り込みの一。刃ととの中間よりやや峰よりにをつけたもの。本造り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鎬造(り)/鎬作(り)の言及

【日本刀】より

…長さや反りの計量法は刀と同じ。(3)造込(つくりこみ)(姿) 〈鎬造(しのぎづくり)〉は刀身の表裏両面の中ほど,やや棟寄りに稜線が縦に通る(それを鎬という)様式のもの。〈平造(ひらづくり)〉は刀身の両面が平らなもの。…

※「鎬造(り)/鎬作(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鎬造(り)/鎬作(り)の関連キーワード日本刀の用語致道博物館片鎬造り上古刀日本刀太刀脇差古刀大刀

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android