コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シノギ

デジタル大辞泉の解説

しのぎ【×鎬】

刀剣で、刃と峰との間に刀身を貫いて走る稜線。鎬筋。
部材上端中央を残し両側を低く削って、刀の背峰のようにした形。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鎬【しのぎ】

日本刀

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しのぎ【鎬】

刀身の、棟と刃との中間で鍔元つばもとから切っ先までの稜りようを高くした所。鎬筋。 → 太刀
〘建〙 角材の上端を真ん中で高く両側へ低く山形に削った背峰。棟木むなぎ・隅木などの稜をいう。
風炉の灰型の高く角ばっている部分。
柄杓ひしやくの名所などころ。螻首けらくびより下の柄をいう。 → 茶柄杓
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鎬の関連キーワード鵜の首造り・鵜の頸造り・鵜の頚造り鎬下がり・鎬下り鎬彫り・鎬彫冠落とし造り千手院物鎬下がり片鎬造り鎬を削る造り込み冠落し造磨き地三つ頭平作り上古刀平打ち茶柄杓鎬作り菖蒲造諸刃造切刃造

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鎬の関連情報