コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鐘形花 ショウケイカ

デジタル大辞泉の解説

しょうけい‐か〔‐クワ〕【鐘形花】

合弁花の一。花びらがほぼ全長にわたって癒合し、つり鐘状をしているもの。キキョウ・ホタルブクロなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

鐘形花の関連キーワードハンショウヅル(半鐘蔓)イワシャジン(岩沙参)ミネズオウ(峰蘇芳)ウスノキ(臼の木)コバイモ(小貝母)ソバナ(蕎麦菜)ツリガネニンジンイワシャジンカンパニュラ鐘状花冠ドリアン浜弁慶草南蛮繁縷ボロニア君が代蘭蔓人参シラー小貝母合弁花草牡丹

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android