コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鐘形花 ショウケイカ

デジタル大辞泉の解説

しょうけい‐か〔‐クワ〕【鐘形花】

合弁花の一。花びらがほぼ全長にわたって癒合し、つり鐘状をしているもの。キキョウ・ホタルブクロなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

鐘形花の関連キーワードハンショウヅル(半鐘蔓)イワシャジン(岩沙参)ミネズオウ(峰蘇芳)ウスノキ(臼の木)コバイモ(小貝母)ソバナ(蕎麦菜)ツリガネニンジンイワシャジンカンパニュラ鐘状花冠ドリアン浜弁慶草南蛮繁縷ボロニア君が代蘭蔓竜胆シラー春竜胆合弁花ユッカ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android