コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎県大村市 おおむら〈し〉

1件 の用語解説(長崎県大村市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕大村〈市〉(おおむら〈し〉)


長崎県中南部にある市。
多良(たら)岳西麓の大村湾に面する。戦国時代はポルトガル貿易で、江戸時代は大村藩の城下町として栄えた。明治期に陸軍連隊や海軍航空隊がおかれ、第二次世界大戦まで軍都として発展。連隊跡地は陸上自衛隊が使用。電機・食品工場が点在する。長崎空港がある大村湾の箕島(みしま)とは箕島大橋で結ばれる。ミカン・ニンジン・イチゴ・トマトなどの栽培が盛ん。日本のモーターボート競走発祥の地で、大村競艇場がある。旧円融寺(きゅうえんゆうじ)庭園は国指定名勝。玖島城(くしまじょう)跡地である大村公園サクラの名所で、国の天然記念物である大村神社のオオムラザクラがある。天正遣欧少年使節の歴史をきっかけとし、ポルトガルのシントラ市と姉妹都市の関係を結ぶ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長崎県大村市の関連キーワード南部野洲長崎県立大学魚沼加東竹原松浦南魚沼南島原多良見[町]

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長崎県大村市の関連情報