長崎県大村市(読み)おおむら〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕大村〈市〉(おおむら〈し〉)


長崎県中南部にある市。
多良(たら)岳西麓の大村湾に面する。戦国時代はポルトガル貿易で、江戸時代は大村藩の城下町として栄えた。明治期に陸軍連隊や海軍航空隊がおかれ、第二次世界大戦まで軍都として発展。連隊跡地は陸上自衛隊が使用。電機・食品工場が点在する。長崎空港がある大村湾の箕島(みしま)とは箕島大橋で結ばれる。ミカン・ニンジン・イチゴ・トマトなどの栽培が盛ん。日本のモーターボート競走発祥の地で、大村競艇場がある。旧円融寺(きゅうえんゆうじ)庭園は国指定名勝。玖島城(くしまじょう)跡地である大村公園はサクラの名所で、国の天然記念物である大村神社のオオムラザクラがある。天正遣欧少年使節の歴史をきっかけとし、ポルトガルのシントラ市と姉妹都市の関係を結ぶ。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長崎県大村市の関連情報