コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長柄豊碕宮 ナガラノトヨサキノミヤ

世界大百科事典内の長柄豊碕宮の言及

【難波宮】より

…645年(大化1)6月,飛鳥板蓋(いたぶき)宮における蘇我入鹿暗殺事件を発端としていわゆる大化改新が開始されるが,同年12月,孝徳天皇は都を飛鳥から難波長柄豊碕(ながらとよさき)に移した。東漢直荒田井比羅夫を将作大匠として造営された難波宮は,難波長柄豊碕宮と号され,652年(白雉3)完成し,その宮殿の形状は言葉に尽くしがたいほどりっぱであったという。孝徳天皇が654年長柄豊碕宮で没すると,都は再び飛鳥にかえった。…

※「長柄豊碕宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

長柄豊碕宮の関連キーワード飛鳥時代(年表)倭漢荒田井比羅夫難波(なにわ)難波長柄豊碕宮大阪天満宮大阪(市)大阪(府)倭漢比羅夫孝徳天皇難波宮跡摂津国板蓋宮難波宮難波京難波長柄大阪白雉

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android