門川町新庁舎建設基本構想・計画

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

門川町新庁舎建設基本構想・計画

巨大地震時の津波浸水想定区域(標高海抜〉3.5メートル)に立地する築50年の町役場を、近くの高台の町有地(標高24メートル)に建て替える。免震構造の4階建て。延べ床面積は約5千平方メートルで、現庁舎(本館・西別館・南別館で計約4千平方メートル)より約25%広くなる。実施設計中で2020年度末の完成を目指す。災害対策拠点としての安全性が増す一方で、高台の利便性を懸念する声もある。

(2018-10-15 朝日新聞 朝刊 宮崎全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android