コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間鈍い マノロイ

デジタル大辞泉の解説

ま‐のろ・い【間鈍い】

[形][文]まのろ・し[ク]まぬるい」に同じ。
「鋸の音薪(まき)割る音など、総てが如何にも、又―・くおぼろかな色を帯んで聞える」〈左千夫・告げびと〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まのろい【間鈍い】

( 形 ) [文] ク まのろ・し
のろのろしている。まぬるい。 「何をやらせても-・いやつだ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android