コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

闇の航路

1件 の用語解説(闇の航路の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

闇の航路

英国の作家ジャックヒギンズがヒュー・マーロウ名義で書いた冒険小説(1964)。原題《Passage by Night》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

闇の航路の関連キーワード雨の襲撃者嵐の眼暗殺のソロ裁きの日獅子の怒り地獄の鍵鋼の虎非情の日密約の地闇の天使

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone