コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阻卜 そぼくZu-bu; Tsu-pu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阻卜
そぼく
Zu-bu; Tsu-pu

11~12世紀に外モンゴル中部に住んでいたタタール族遊牧民の契丹語呼称。阻蹼とも書かれる。その遊牧範囲から北阻卜,西阻卜などに分れていたものと思われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の阻卜の言及

【タタール】より

…10世紀初め契丹族が勃興し,契丹帝国(遼)を建国するとともにその勢力をモンゴリアに広げると,タタール部はその支配下に入った。遼ではタタール部を阻卜(そぼく)と呼んだ。12世紀初め,中国北部では遼に代わって金が建ったが,その支配はモンゴリアには及ばなかった。…

※「阻卜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

阻卜の関連キーワード耶律阿保機室韋

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android