コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阻卜 そぼくZu-bu; Tsu-pu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阻卜
そぼく
Zu-bu; Tsu-pu

11~12世紀に外モンゴル中部に住んでいたタタール族遊牧民の契丹語呼称。阻蹼とも書かれる。その遊牧範囲から北阻卜,西阻卜などに分れていたものと思われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の阻卜の言及

【タタール】より

…10世紀初め契丹族が勃興し,契丹帝国(遼)を建国するとともにその勢力をモンゴリアに広げると,タタール部はその支配下に入った。遼ではタタール部を阻卜(そぼく)と呼んだ。12世紀初め,中国北部では遼に代わって金が建ったが,その支配はモンゴリアには及ばなかった。…

※「阻卜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

阻卜の関連キーワード耶律阿保機室韋

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android