コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

限定追加型投資信託 げんていついかがたとうししんたく

1件 の用語解説(限定追加型投資信託の意味・用語解説を検索)

投資信託の用語集の解説

限定追加型投資信託


当初設定後一定期間は新規資金による追加設定が可能だが、その後の追加設定は分配金による再投資もしくはスイッチングのみの投資信託のこと。通常の投資信託は信託期間中はいつでも購入(追加設定)が可能であるが、限定追加型の場合は、追加設定できる日が限定されている。

出典|(社)投資信託協会
投資信託の用語集について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone