コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

限定追加型投資信託 げんていついかがたとうししんたく

1件 の用語解説(限定追加型投資信託の意味・用語解説を検索)

投資信託の用語集の解説

限定追加型投資信託


当初設定後一定期間は新規資金による追加設定が可能だが、その後の追加設定は分配金による再投資もしくはスイッチングのみの投資信託のこと。通常の投資信託は信託期間中はいつでも購入(追加設定)が可能であるが、限定追加型の場合は、追加設定できる日が限定されている。

出典|(社)投資信託協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

限定追加型投資信託の関連キーワード価格設定戦略償還株式年季奉公法定期間追加費用定期払い定期性預金設定日当初募集期間飼付け漁

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone