通常(読み)つうじょう

精選版 日本国語大辞典「通常」の解説

つう‐じょう ‥ジャウ【通常】

〘名〙 (形動) 世間一般に、ごくふつうに見られる状態であること。日常的に用いられる状態であること。並であること。また、そのさま。ありきたり。あたりまえ。通例。
※玉石志林(1861‐64)三「通常射発の後、直ちに自ら地上に俯伏し」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一九「村荘の中に妾を囲ひ置候などは、其比通常の事の様に聞及び候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「通常」の解説

つう‐じょう〔‐ジヤウ〕【通常】

特別でなく、普通の状態であること。世間一般にみられる状態であること。副詞的にも用いる。「通常は家にいる」「通常7時に起きる」
普通用法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android