コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陽子線 ヨウシセン

デジタル大辞泉の解説

ようし‐せん〔ヤウシ‐〕【陽子線】

陽子を集めて光の束のような状態にしたもの。医療において診断・治療などに利用される。陽子ビーム。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

陽子線の関連キーワードアルバレズ(Luis Walter Alvarez)最先端研究開発支援プログラムマーズ・パスファインダー計画サイクロトロン治療装置電磁波による健康障害国立がん研究センタールイス アルバレス陽子線がん治療施設重粒子線がん治療ME(医用工学)大気ニュートリノ重粒子線癌治療ジル テイラーブラッグ曲線放射線生物学陽子線癌治療陽子線治療アルバレズ粒子線治療放射線療法

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陽子線の関連情報