コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陽極泥 ようきょくでい

大辞林 第三版の解説

ようきょくでい【陽極泥】

金属の電解精錬の際、陽極の下にたまってくる泥状の沈殿物。特に銅精錬の場合、この中に金・銀などの貴金属を多く含む。アノード-スライム。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の陽極泥の言及

【スライム】より

…【井上 外志雄】 金属を電解精製する際には,陽極金属中に含まれる不純物などが,電解液に溶けずに微粒子状態で陽極表面に泥状に残ったり,電解槽の底にたまる。これを電解スライム(陽極泥)という。たとえば,銅の電解精製の際には,粗銅中の金,銀,鉛,セレン,テルルなどはこのスライム中に濃縮されるので,副産物として回収される。…

※「陽極泥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

陽極泥の関連キーワードアノードスライムパラジウムイリジウムルテニウムスラッジロジウム電解精錬アノードスライム沈殿物セレンテルル貴金属陽極泥状