コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集積度 シュウセキド

1件 の用語解説(集積度の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅうせき‐ど〔シフセキ‐〕【集積度】

半導体集積回路一個当たりに組み込まれた素子の数。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の集積度の言及

【集積回路】より

… 当初ICはコンピューターの演算処理装置や記憶装置といったシステムを構成する多数の回路ブロックや部品の一つという概念であった。しかし今日では,LSIの集積度は演算処理LSIで1000万トランジスター,メモリーLSIでは10億トランジスターを超えており,LSIはそれ自体で独立したシステムに進化した。パソコンの頭脳であるマイクロプロセッサーはその典型である。…

※「集積度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

集積度の関連情報