素子(読み)すご

精選版 日本国語大辞典「素子」の解説

す‐ご【素子】

〘名〙 (「万葉集‐一」の「籠もよ み籠もち ふくしもよ みぶくしもち このをかに 菜採須児」の「菜採須児(なつますこ)」を「なつむすご(菜摘賤児)」と誤読したところからできた語) 卑賤な人。いやしい身分の者。しず。下衆(げす)
※六百番歌合(1193頃)秋中・一三番「山田もるすこが鳴子に風触れてたゆむ眠を驚かすなり」 〔和訓栞(1777‐1862)〕

そ‐し【素子】

〘名〙
① 基本的要素エレメント
② 電気機器や回路などを構成する単位部品。
電信符号符号を構成する短点および長点。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「素子」の解説

す‐ご【素子】

万葉集巻頭の歌の「菜採須児なつますこ」を「なつむすご」と誤読したためにできた語》身分の低い者。
「鳴きすてて鹿はつれなき山おろしに―が驚くひたの音かな」〈千五百番歌合・九〉

そ‐し【素子】

基本的要素。エレメント。
電気回路や機械回路で、その構成要素として全体の機能に重要な役割をもつ個々の単位部品。
電信符号で、符号を構成する短点と長点。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android