コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨音 アマオト

デジタル大辞泉の解説

あま‐おと【雨音】

降るに触れて立てる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あまおと【雨音】

雨の降る音。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の雨音の言及

【歌舞伎】より

…江戸時代にはすべて正面に置き,台の前面に背景と合わせ,山や土手の模様を描いたのが名称の由来。【松井 俊諭】
【音楽的要素に関する用語】
雨音(あまおと)雨が降る音を表す場合に,大太鼓を長桴(ながばち)で打ち鳴らす囃子。写実みを帯びて表す場合は,車形の中に小豆を入れてまわす〈雨車(あまぐるま)〉,団扇(うちわ)に大豆かビーズを結びつけた〈雨団扇〉,小豆や胡麻を流す〈雨樋(あまどい)〉などを用いる。…

※「雨音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雨音の関連キーワードGoodディラン クォ効果音着メロ野沢温泉小唄中山 晋平雨音めぐみ浪花小唄下座音楽ムックリ羽多野渉君恋し岡康砧スキー大太鼓雨声雨月効果龍踊

雨音の関連情報