コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電力回生ブレーキ デンリョクカイセイブレーキ

デジタル大辞泉の解説

でんりょくかいせい‐ブレーキ〔デンリヨククワイセイ‐〕【電力回生ブレーキ】

回生ブレーキ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の電力回生ブレーキの言及

【回生ブレーキ】より

…電動機を発電機として利用することにより車両などのもっている位置エネルギーや運動エネルギーを電気エネルギーに変換し,これを架線を通して他の車両などの動力源として供給する方式のもの。正式には電力回生ブレーキregenerative brakeと称する。速度の高いところで大きな制動力が得られる利点があるが,反面,速度が低くなると制動力が弱くなるので,ふつう他のブレーキと併用される。…

【鉄道車両】より


[ブレーキと連結器]
 鉄道車両を安全に運転し,所定の位置に停止させるためにブレーキ装置は重要であり,法規上も種々の規定が設けられている。ブレーキ装置は,機械式ブレーキと電気式ブレーキに大別され,前者には,制輪子を車輪踏面に押しつける制輪子ブレーキ,制輪子を車輪とは別の回転体に押しつけるディスクブレーキ,制輪子をレールに押しつけるレールブレーキなどの種類があり,後者の電気式ブレーキには,車両の運動エネルギーを利用して主電動機を発電機として使用し,得た電気エネルギーを抵抗器によって熱として消費する発電ブレーキ,同様にして得た電気エネルギーを電車線を通して返還する電力回生ブレーキなどの種類がある。機械ブレーキは,その動力の種類によって,手ブレーキ,真空ブレーキ,圧力空気ブレーキ,油圧ブレーキなどに分類される。…

【電車】より

…後者は容量が大きくとれるが,電動車の場合はスペースが少なく,新幹線電車以外ではあまり用いられていない。 電気ブレーキは,主電動機を減速時には発電機として用い,その際コイルに生ずる力を利用してブレーキ作用を行わせるもので,このときに発生する電力を抵抗器で放熱する発電ブレーキと,架線側へ返す電力回生ブレーキ(回生ブレーキともいう)があるが,最近ではサイリスターなどの半導体技術(チョッパー制御など)の進歩により,節電ができ,放熱による周囲の温度上昇(とくに地下鉄)がない回生ブレーキを採用している。なお,新幹線用電車は,とくに高速化と大量輸送用に作られており,高速性能を重視した台車,パンタグラフなどを採用し,かつトンネル内での高速走行時の気圧の変化を少なくするため気密構造としている。…

【ブレーキ】より

…なお,自動車の走行中,クラッチを切らずにアクセルから足を離したときに作用するエンジンブレーキは,エンジンの圧縮抵抗,エンジン・変速機の機械摩擦を利用した摩擦ブレーキとみなすことができる。
[電気ブレーキ]
 電磁ブレーキや磁極間におかれた導体が移動するときに生ずる渦電流による制動作用を利用した渦電流ブレーキを含めることもあるが,ふつう電気ブレーキといえば電動機を発電機として用いる発電ブレーキや電力回生ブレーキをいう。発電ブレーキは,回転動力源として用いている電動機を,減速させたいときに発電機として働かせ,その回転を止める方向に働くトルクをブレーキに利用するものである。…

※「電力回生ブレーキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

電力回生ブレーキの関連キーワードブレーキ装置電気ブレーキ電気機関車ブレーキ地下鉄電車

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android